テレビを観たり雑誌を読んだりしていると、何気なくあちこちで占いを目にしませんか?血液型占いや星座占いなど、普通に生活しているだけで情報として入ってくるものです。

占いというのは、もちろん必ず当たるというものではありません。

SEO対策

同じ占いであっても、占う人によって違う結果が出ることも珍しくないですし、まさしく「信じるも信じないも自分次第」なものです。

それなら占いの意味とは何なのか?

私は、占いとは「生活のスパイス」なのだと思います。

仕事や勉強、家事などに追われる毎日はともすれば単調になりがちで、同じ事の繰り返しの日々は思考力の低下や毎日を頑張ろうとあう気持ちを失っていくなど、良い変化を生みません。

そんな時、占いが生活にささやかな彩りを足してくれます。

例えば今日のラッキーカラーやラッキーアイテム。

「今日は赤い物を選んでみようかな」

「このラッキーアイテムがありそうな、あのお店に今日は寄ってみようかな」

そう思って、いつもと違う行動を取ってみる。

とても小さな事ですが、自分で何かを選び行動するということは、心にとてもいい影響を生むのです。

そうして心に与えた小さな栄養が最終的に幸せを呼ぶのではないか、と私は思うのです。

毎日が何となく退屈だと感じたら、少し占いを見てみませんか?